2015年3月15日日曜日

Story of Kerala

南インドケララ州 4

バックウォーター (Back Water)

1. ハウスボート乗り場 (Boat Jetty)

 ハウスボートクルーズで有名な場所は、アラプッザ(Alappuzha)、コラム(Kollam)、
 コッタヤム(Kottayam)、コチ(Kochi)やクマラコム(Kumarakom)などがあるが、
   ハウスボートの保有数ではアラプッザが最も多い。
 これらのボート乗り場の中で規模の大きいアラプッザはコチから約70km、
 コラムはトリヴァンドラムから約70kmの距離で、車で1時間半程度だ。
 バックウォーターのある地域は全て自然が豊かだが、特にクマラコムには
 バードサンクチュアリがあり、比較的小さな木造のボートでバードウォッチングを
 しながら狭いクリークなどをクルーズすることができる。

コラム市内 (Kollam City)

コラムのボート乗り場 (Kollam Boat Jetty)

アラプッザのボート乗り場 (Alappuzha Boat Jetty)

2. ハウスボート
 ハウスボート(Kettuvallam)はジャックウッド、竹、ヤシやビンロウジ等を用いて
 作られている。
 ジャックウッドをヤシのロープで組合せ、金属製の釘を使わないで
 仕上げるのが特徴だ。水の侵入を防ぐために船底や船腹の板の間に
 ヤシの繊維を詰め込み、カシュナッツの樹脂を塗って防水加工をする。
 舟全体が自然素材でできている頑丈な構造だ。
 ハウスボートは長時間のクルーズができるように、バルコニーの他ベッドルーム、
 水洗トイレ、キッチンなどを備えている。

ハウスボートの建造

ボートからの眺め

3. ハウスボートクルーズ
 ハウスボートに乗って、3〜4時間から数日に渡ってクルーズすることができる。
 最も長い航路は、コラム(Kollam)ーアラプッザ(Alappuzha)間で約80kmである。
 ハウスボートは波のない湖や川をゆっくりとゆく。直射日光はヤシの屋根で遮られ
 また風が穏やかにデッキを通り抜け涼しい。岸辺には村々が点在し、
 家の庭には洗濯物や牛の姿を見かける。
 バックウォーターの水面と、はるか彼方までヤシの樹で覆われた陸の光景が広がる。
 昼食時にはハウスボートは木陰に停泊し、時間をかけて食事を楽しむ。
 ティータイムは紅茶とちょっと変わったバナナの揚げ物が一緒に出される。

水辺の風景

ボートでの昼食


ちょっとインフォメーション;

○ バナナ
  ケララはヤシの樹に覆われていますが、ヤシの下にはたくさんのバナナの木
  (厳密にはバナナは草本)が栽培されています。
  日本では見かけない赤い皮肌の大きなバナナは、しっかりとした歯ごたえと
  少し酸味がありとてもおいしいものです。
  バナナはまだ青いうちに房ごと収穫され、1週間ほど店頭につるされて熟してから
  売られます。スーパーでも買い求めることができますからぜひ味わってみてください。

バナナ畑

○ ビール
  ハウスボートクルーズでは、さわやかな風を受けてビールをジョッキでいただくのが
  最高です。ビールはなんといってもインドを代表するキングフィッシャービール。
  日本のインド(あるいはネパール)料理店にある小瓶ではなく大瓶でいきましょう。
  ちなみに酒類販売許可のない海辺のレストランなどでは、コーヒーのマグカップで
  ビールを飲むこともあります。

キングフィッシャー

○ ジャックツリー
  木の建造物に多く使われるジャックツリー、その果実は巨大で何とも不思議な姿で
  なっています。写真で見るように果実は木の幹に直接ついてぶら下がっているのです。
  収穫期になるとジャックフルーツを荷台に山盛りに積んだトラックが道路を
  頻繁に往来しています。フルーツは硬い外皮の中の房にある実を食べるそうです。

ジャックツリー


  Reference; keralatourism